食べても太らない方法

食べても太らない方法とは

食べても太らない,方法

 

このページでは、食べても太らない方法について詳しく紹介しています。

 

食べても太らない方法を知りたい方、食べても太らない方法なんてあるの?

 

という方の参考にしていただけたら幸いです。

食べても太らない人ってどんな人?

食べても太らない,方法

 

どんなに食べても太らない人っていますよね?

 

食べても太らない人には、次のようなケースが考えられます。

 

消費カロリーが摂取カロリーを上回っている

摂取カロリーと消費カロリーが下記のような関係になっていると、食べても太りにくくなります。

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

この場合、食べて吸収したカロリーや糖分を運動などのエネルギーとしてしっかり消費できているため、食べても太らないのです。

 

また、基礎代謝量が多い場合も「摂取カロリー<消費カロリー」の状況に近づきやすくなります。

 

基礎代謝とは


基礎代謝とは、消化、血液循環、呼吸などの人の生命維持に最低限必要なエネルギーのことを言います。基礎代謝は、運動していないときでも生きているだけで消費するエネルギーになります。

 

基礎代謝量が多いということは、何もしなくてもカロリーの消費量が多いことになるので、体質的に太りにくいと言えます。

 

基礎代謝量は人それぞれ異なりますが、筋肉量を増やすことにより誰でもアップさせることができます。

 

腸内環境が良い

太りにくい人は、毎日快便であるケースも多くあります。便秘にならないということは、大腸菌や乳酸菌といった腸内細菌のバランスが整っており、善玉菌が優勢になっているためです。

 

腸内環境が整っていると快腸になるだけでなく、毒素などがデトックスされやすくなる、新陳代謝がアップする、善玉菌の作用により脂肪が蓄積しにくくなるなどの太りにくい体質に近づくことができます。

 

胃下垂

胃下垂になると、摂取物が胃に留まっている時間がながくなるので、腸に留まる時間が短くなり、栄養分の吸収量が少なくなってしまいます。

 

胃下垂とは


胃下垂とは、胃の下部が骨盤の中まで垂れ下がった状態(形状)を言います。胃下垂という言葉自体は病名ではありませんが、胃の下部が垂れ下がっている状態なので、消化不良などを引き起こす場合があります。

 

糖尿病

糖尿病は、食べたものを吸収することはできるのですが、糖分をうまく分解できないので、使用せずにそのまま尿として排出することになります。糖分をエネルギー変換できないので、エネルギーを蓄える脂肪も作られないというわけです。

食べても太らない時間帯とは?

食べても太らない,方法

 

人間は元来、食べたいという欲求を抑えることは難しく、ストレスが溜まるものです。そこで、嬉しいことに食べても太りにくい時間帯というものがあるのです。結論からいえば、それは午後3時です。

 

その理由には下記のようなものがあります。

 

交感神経が優位になる

人間は、就寝中は副交感神経が優位になっていますが、朝に目が覚めると交感神経の働きが優位になります。副交感神経には脂肪を体内に蓄積させる働きがありますが、それに対して交感神経には、体温を上げたり、脂肪の燃焼に貢献するという働きがあります。

 

なので、交感神経が活発な時間に食事を食べれば、脂肪を溜め込みづらくなります。そのため、朝ご飯や昼ご飯は多めに食べても大丈夫なのです。

 

上昇した体温は、夕方頃にピークなり、その後徐々に副交感神経に切り替わり始めます。この時間帯が大体夜ご飯の時間帯になるので、夜ご飯をたくさん食べてしまうと脂肪が蓄積されやすくなってしまうのです。

 

もし、量をたくさん食べたり、スイーツや脂っこいものを食べたりしたい場合は、朝飯や昼飯、3時のおやつの時間帯に食べるようにするのがオススメです。

 

BMAL1(ビーマルワン)が最も少なくなる

人の体内には、BMAL1(ビーマルワン)と呼ばれるたんぱく質が存在し、体内時計を調整する働きをしてくれています。また、BMAL1(ビーマルワン)には、脂肪を溜め込む作用もあり、時間帯によってその量は変わります。なので、BMAL1(ビーマルワン)が少ない時間帯に食べたいものを食べれば、太りにくくなります。

 

BMAL1(ビーマルワン)が一番少なくなるのは午後3時ですが、逆にBMAL1(ビーマルワン)が一番多くなるのは午後10時〜深夜2時頃と言われています。なので、食べても太らない時間帯とは、朝から午後3時辺りまでになり、午後3時頃が一番脂肪を溜め込みづらい時間と言えます。

 

俗に3時のおやつと言われている理由は、実はその辺りも関係しているのです。

 

活動量が多い

午後の3時の時間なら活動量も多いので、食べたものが消費されやすいと言えます。

 

まとめ

以上より、交感神経の働きが優位になり、なおかつ脂肪を溜め込む物質であるビーマルワンが一番少なくなる午後の3時が、一番食べたものが脂肪になりにくい時間帯と言えます。

 

極端にハードな食事制限や激しい運動によるダイエットは、辛いしストレスも溜まるのでなかなか継続できないですよね。

 

ダイエットを行っているからと言って、美味しいお菓子を一切食べてはならないと思うとストレスが溜まり、途中で挫折してしまいがちです。そんな方には、太りにくい時間帯である午後3時を上手に活用し、間食を上手に摂り入れることをおすすめします。

 

BMAL1(ビーマルワン)の少ない時間を狙って食べるようにするだけなので、比較的取り組みやすく、スリムボディも目指しやすいでしょう。

 

ただ、午後3時に食べると太りにくいからと言って、食べ過ぎると元も子もなくなるので、適量という原則は必ず守ることが大切です。

食べても太らないためには朝型生活がおすすめ

食べても太らない,方法

 

日本大学薬学部の研究報告によると、昼夜の区別がない生活をしている人はメタボリック症候群になりやすいそうです。

 

実際に、昼夜が逆転してしまう仕事を行っている看護師や長距離トラックの運転手などは、肥満体型になりやすいと言われています。

 

朝日を浴びず、脳が朝を認識できない状況が続いてしまうと、BMAL1(ビーマルワン)がずっと夜が続いていると誤認してしまい、ずっとBMAL1(ビーマルワン)を分泌し続けてしまいます。そうすると、どうしても太りやすくなってしまうのです。

 

なので、朝にはしっかり朝日を浴びる規則正しい生活を送ることは大切であり、それにより体内時計も整い、BMAL1(ビーマルワン)の分泌量も正常化されてきます。

 

自らBMAL1(ビーマルワン)の分泌量の少ない「食べても太らない時間」を作り出すことも重要なのです。

 

ダイエットを成功させたり、スタイルを維持したりしたい方は、まずは生活習慣の乱れを排除することから始めてみてもいいかもしれませんね。

太りにくい食事サイクルとは

食べても太らない,方法

 

太りにくい食事サイクルを実現するためには、BMAL1(ビーマルワン)の変動を考慮する必要があります。

 

太りにくい食事サイクルは、このようにするのがお勧めです。

 

BMAL1(ビーマルワン)が少ない午後2〜3時頃に遅めのランチを食べ、BMAL1(ビーマルワン)が増えきる前の午後7〜8時には夕飯を済ませる。

 

食事を摂った後、体内で消化吸収されるまでには、2時間くらいはかかると言われています。なので、午後8時には夕食を済ませておくと、BMAL1(ビーマルワン)が最も増える22時までに消化を終えることができます。

 

また、少し遅いランチでも大丈夫なように、朝食は少し多めに食べておくといいでしょう。

太りにくい食材とは

食べても太らない,方法

 

食材にも太りやすい食材と太りにくい食材があります。

 

太りにくい食材で代表的なのが野菜です。

 

野菜の種類にもよりますが、野菜は基本的には低カロリーなので、食べても比較的太りにくいと言えます。

 

また、野菜には体に必要な栄養分も豊富に含まれているので、代謝機能の低下防止にも役立ちます。つまり、野菜は痩せにくい体になるのも防いでくれるということです。

 

他にも、太りにくい食材には下記のような低脂肪な食材が挙げられます。

 

  • 豆類
  • 乳製品
  • 寒天
  • こんにゃく
  • 鳥のささ身

 

もちろん、いくら太りにくい食材だからと言って暴飲暴食を繰り返してしまったら、太る可能性は高くなりますので注意は必要です。

夜食べても太らない食べ物とは

食べても太らない,方法

 

夜に食べると太るとはわかっていても、どうしてもお腹が空いて食べたくなってしまうことってありますよね?

 

そんなときは、野菜スープやみそ汁を食べるのがおすすめです。

 

野菜スープやみそ汁は低カロリーなので、夜に食べても太りにくいです。それに個体を食べるよりも、スープなどの液体物を食べた方が少ない量で満腹感が得られやすくなります。